横浜にある介護福祉士・社会福祉士を養成する福祉の専門学校卒業生の方へ アクセスマップ

横浜市にある介護福祉の専門学校 横浜国際福祉専門学校。実務者養成コースについてのご案内。

横浜国際福祉専門学校の電話番号 フリーダイヤル 0120-883-294
横浜国際福祉専門学校への資料請求
 
  1. 横浜国際福祉専門学校 ホーム
  2. 学科・資格
  3. 実務者養成コース

通信実務者養成コース働きながら国家資格を取得。

横浜国際福祉専門学校 学科・資格紹介 実務者養成コースメイン画像

働きながら介護福祉士(国家資格)の受験を目指す方をサポート!

9ヶ月・定員50名・取得資格:介護福祉士国家試験受験資格 ※ 募集対象地域・入学資格条件あり
創設(昭和62年)以来、社会福祉従事者の養成に携わってきた当校。その実績及び経験を活かし、介護福祉士実務者養成施設(通信課程)を平成24年10月より開設。『実務者養成コース』は、ホームヘルパー1級、2級研修修了者、介護職員初任者研修修了者、介護職員基礎研修修了者及び無資格の方・実務経験のない方が対象。通信課程なので、働きながら介護福祉士(国)受験資格を目指すことができます。


実務者研修とは

これまで実務経験者(介護職員基礎研修、ホームヘルパー1級、ホームヘルパー2級の修了者等)については、介護福祉士国家試験を受験するためには「実務経験3年以上」が必要でしたが、今般の介護福祉士受験資格の見直しにより「実務経験3年以上」に加えさらに「実務者研修」の修了が義務付けされました。(平成27年度の介護福祉士国家試験より)
※ 当初は27年度の予定でしたが、1年延期が決まりました。(平成26年6月25日「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律」公布により)

施行に先駆けて実施

神奈川県内で「初」の実務者養成施設です。

知識と技術に基づく実践力を身につけ、キャリアアップ!

あなたは将来、どんな介護福祉士になりたいですか?介護の仕事には相手を大切に想う気持ちが必要ですが、それだけでは時として、良い介護を提供できないことがあります。本校の実務者研修を通じて、専門的なしっかりとした知識と技術を学び、根拠に基づいた介護の実践力を身につけませんか?
伊東 一郎 先生

伊東 一郎先生

ここがポイント!

働きながら社会福祉士を目指せる、横浜国際福祉専門学校の4つの魅力。

スキルアップさらなる知識を深めることが可能
現場では習得しにくい医学的知識、制度の知識、介護過程の展開、認知症などについて学ぶことができ、さらなるスキルアップにもなります。さらに指導歴豊富な教員が科目を担当するので、安心して学びを進めることができます。

通信教育働きながら学べる
通信教育《レポート添削+スクーリング(一部の科目)》なので、働きながら受験資格の取得を目指すことができます。スクーリング(対面授業)は、主に横浜国際福祉専門学校で行います。

実技試験免除「介護福祉士国家試験」実技受験免除
実務者養成コースの全課程を修了すると、介護福祉士国家試験の実技試験が免除になります。
※ 国家試験受験にあたっては、実務経験(3年以上)が必要

研修免除「喀痰吸引等研修※」受講は不要
カリキュラムの「医療的ケア」の中で喀痰吸引を学ぶため、介護福祉士資格取得後に都道府県が行う「喀痰吸引等研修」を受講する必要はありません。
※ 但し別に「実地研修」を受講する必要あり。

※ 平成24年から、「社会福祉士及び介護福祉士法」(昭和62年法律第30号)の一部改正により、介護福祉士及び一定の研修を受けた介護職員等においては、医療や介護との連携による安全確保が図られていること等、一定の条件の下で『たんの吸引等』の行為を実施できるようになりました。(出所:厚生労働省の資料より)


資格取得までの流れ

資格取得までの流れ図

資格取得ルート

資格取得ルート図
費 用
入学選考料
入学金
授業料
合 計
全科目履修者
5,000円
15,000円
161,500円
181,500円
訪問介護員養成研修3級課程修了者
133,750円
153,750円
訪問介護員養成研修2級課程修了者
108,750円
128,750円
介護職員初任者研修課程修了者
訪問介護員養成研修1級課程修了者
52,500円
72,500円
介護職員基礎研修修了者
32,500円
52,500円

※ テキスト代、スクーリング交通費、レポート送付代(郵送費)実費必要。

ページトップへ